遠眼鏡屋2

生活英語に上乗せした英語もある

英語談義も中〆である。
水村さんは、この講演ではないが、なにかの雑誌で、川端康成ノーベル文学賞をもらえたのはサイデンステッカー訳の「雪国」によるところが大きかった、大変な名訳ではあるが、原作を日本人が読んで感じる鋭角性をぼかして、欧米人の趣向にあわせた訳になった面もあるのではないか、という主旨のことを語っていた。英語に堪能になるとこういう楽しみ方があるのかと感心したものだ。

前回まで、生活英語の重要性を書いたのだが、それは中学高校英語までの話である。つまり、中学生が突然英語圏に赴く必要があったときでも、おおかた不自由なく生活できるだけの英語を授けよと言いたい。必然的に会話型の英語になるだろう。

ところが、実社会・産業界で必要とされる英語にはさらに上乗せの付加価値が求められる。これは単に達意の表現ができるだけでなく、正しさ美しさ、さらには歴史文化など裏打ちとなる深い教養を感じさせる英語というべきか。水村さんの「二重言語者」の実業界版はこんなものであろう。こういう人たちを養成するセミナーなどが結構あるようだ。適例かと思って、候補を一つ、左欄リンク集に挙げておいた。若い世代には頑張って欲しいものである。