遠眼鏡屋2

異常気象の淵源を訪ねてみる

関東地方では今年も天候不順が続いている。異常気象と呼べるだろう。天気キャスターの人たちの解説から想像するに、日本列島の上空5000から10000mあたりに、冬でも夏でも強い寒気団が頻繁に訪れるようになったことが諸現象の背景にあると感じられる。

日本列島の位置する中緯度帯(北緯30〜60度)の上空は昔から偏西風(ジェットストリーム)の吹く比較的安定的な圏界であったと思うが、近年この偏西風が激しく蛇行するようになったと聞く。偏西風を押しのけるように高緯度の冷気が進出しているらしい。

高緯度の中心は言うまでもなく北極海である。この海やその上空で何かが起きているのではないか。
まず、海について。北極海氷面積 [百万平方km]

三つのことが読み取れる。
1.北極海の海氷面積は季節によって大きく増減し、9月に最小になる。
2.同じ9月でも、80年代に比べ現在は60%ほどにまで減少している。
3.海氷面積は2012年を底として、足踏み状態にある。

次に北極海上空については、海面温度の上昇により極渦(強い低気圧)の一部に破れが生じたため、北極海に留まるべき冷気が南に張り出し、その一部分が中緯度帯にまで流れだしたという仮説があるようだ(要するによくわからない)。冬になると度々聞く三波型気圧配置がそれなのかもしれない。

もう一度視点を海にもどす。1979年と2011年の海氷

30年の間にロシア側の海氷面積は随分小さくなったが、さらに20年遡った時代のメルカトール地図の記憶では、ノバヤゼムリヤ島の西、バレンツ海でもところどころ結氷していたと思う。ましてその東側カラ海、ラプテフ海は流氷がぎっしり詰まっていたのではないか。要するに、スカンディナビア半島など西の方から徐々に氷が溶けて現在に至ったと考えられる。

氷を溶かした原因は何か。いろいろあるであろうが、誰でも思いつくのはメキシコ湾に発する暖流であろう。そして、この暖流がとんでもない代物(シロモノ)であることがだんだん分かってきた。