遠眼鏡屋2

ガソリン車・ディーゼル車廃止の潮流が明らかになってきた

今月にはいってフランスのマクロン政権が2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売停止を発表したと思ったら、今度は英国政府もほぼ同趣旨の方針を発表するという。しかも販売停止のなかには、日本特にトヨタが得意とするHV(ハイブリッド車)も含まれるそうだ(*注)。
英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ=現地紙
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

2040年というとだいぶ先のことと思う人もいるであろうが、老獪(ロウカイ)な欧州各国のことだ、方針前倒しなどがいつ起きるかわかったものでない。 他方日本政府の方針は燃料電池車であったはずと、ネット上をさがしてみると、格好の論文記事が見つかった。
古賀茂明「安倍政権の戦略ミスで電気自動車は世界最後尾の日本 トヨタ社長の涙の意味」
【トヨタ社長の歴史的英断】数万点の部品&エンジン技術者の職を奪いかねないEV化推進
脱原発に続いてガソリン車「廃絶」へ!? ドイツの政策は矛盾だらけ

燃料電池車も電気自動車も今は技術革新真っ盛りの途中であって、最終的には燃料自動車のほうが技術・環境・経済三拍子そろって優れたものになるかもしれない。しかしその場合でも自分にメリットが見いだせないときは、電気自動車優先のルールを徹底するのが欧州諸国のやり方であることを忘れてはならない。

(*注)
焦点:電気自動車の勝利か、英国が脱ディーゼル・ガソリン宣言 によると、ハイブリッド車は禁止対象からはずれるという。フランスも同様の計画とのこと。