遠眼鏡屋2

これを天才と呼びたい

将棋界に大変な天才的少年が現れた。14歳、中学生、プロデビュー半年にして、28連勝というから、従来の感覚では天才出現と表現したいところではある。ところが今将棋界には、彼以外にも20代、10代を中心に大変に強い棋士があいついで誕生していて、いわゆる羽生世代の支配を脅(おびやか)しはじめたと、昨晩のTBSラジオの番組が紹介していた。

一方5月にはこんなニュースもあった。最後の「電王戦」、将棋ソフトの勝利で幕 佐藤名人は雪辱ならず

プロ棋士が研究のためコンピュータのソフトウェアをますます利用するようになったと聞いているが、当然若手世代ほどその傾向は強いであろう。こうした人工知能はプロにとって大変な助っ人であり、教師でもあるわけだ。

ここで人工知能の推論方式である深層学習を調べてみる。
深層学習(ディープラーニング)を素人向けに解説(前編)―基礎となるニューラルネットワークについて

なるほど人間臭い推論を行っているらしい。となると推論演算に非常に長けた天才が人工知能と同様の思考経路をたどる、さらには一歩先んじた思考を行うことは十分ありうるのではないか。わが藤井少年はその第一号なのではないかと想像している。そして第二号、第三号の若手が誕生するのも時間の問題のような気がする。

これからの天才棋士は孤高の独走をするのではなく、強力な伴走者人工知能を従えて、常に一歩先を行く、そんな図を描いている。これを天才と呼びたいのだが、さてどうであろう。