遠眼鏡屋2

RSSといえば Google Feed API が便利

RSS情報を読むために 生のRSSのページは勿論のことRSSリーダーだとか 簡単なphpプログラム利用だとかいろんな方法を試してきた。最近 Google Feed API を利用するようになった。

先達がネットに紹介しているJavascriptプログラムを殆ど丸写しで利用。十あまりのサイト分を用意し、先頭のHTMLページは単純なリンク集として、セットで外部の無料サーバーにアップロードして呼び出すもの。

Javascriptはクライアント側のブラウザが実行環境なんだそうで、cgiphpの使えない静的なサーバーでも使えるから極めて都合が良い。後日のため、その丸写しの部分を掲げておく。

◎feedBLOGOS.html


<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script >
<script type="text/javascript">

//Google Feed Api
google.load("feeds", "1");

function initialize() {
 // ブログのRSSを設定 ★★★BLOGOS の場合
 var feed = new google.feeds.Feed("http://rss.rssad.jp/rss/livedoornews/blogos/summary.xml");
 // 記事タイトルの表示文字数を35文字に設定 ★自由に変更可能
 var maxTitleLength = 50;
 // 記事タイトル取得件数を7件に設定 ★自由に変更可能
 feed.setNumEntries(16);
 feed.load(function(result) {
   if (!result.error) {
    var container = document.getElementById("feed1");
   for (var i = 0; i <    result.feed.entries.length; i++) {
     // 記事タイトルを取得
     var entry = result.feed.entries[i];
     var title = entry.title;
     // 記事タイトルを文字数調整
    if (title.length > maxTitleLength) {
      title = title.substr(0, maxTitleLength) + '...';
     }
     // 年月日設定
     var dd = new Date(entry.publishedDate); // now
     var yearNum = dd.getYear();
     if (yearNum < 2000) yearNum += 1900;
     var m = dd.getMonth() + 1;
     if (m < 10) {m = "0" + m;}
     var d = dd.getDate();
     if (d < 10) {d = "0" + d;}
    var date = yearNum + "." + m + "." + d + " ";
     container.innerHTML += "<li><span>" + date +" </span>" +" <a href='" + entry.link + "' target='_blank'>" + title + "</a></li>" +"<br>" ;
    }
   }
 });
}
google.setOnLoadCallback(initialize);
</script>
</head>
<body>
<H2>BLOGOS</H2>
<ul id="feed1"></ul>
</body>
</html>