遠眼鏡屋2

昨秋のレアアース報道は間違っていたと

昨10月世界のレアアース貿易で圧倒的な比重をしめる中国からの輸出が急減したことが報じられ、その原因は大需要家の一つ日本がレアアース買い付け先の多様化をはかり、かつレアアースを使用しなくてすむ技術開発を進めたことにあるとのことであった。管理人もレアアース問題のその後は全く様変わりとなっていた でそれに触れた。

ところが、これがとんだ誤報であったらしく、その顛末を経営コンサルタントの大西さんが紹介している。
今日のNHKクローズアップ現代は見ものです