遠眼鏡屋2

縦書き書籍リーダーのその後

昨秋、縦書きブックリーダーを作る簡単な方法 に書いた方法で「吾輩は猫である」を読み出したのだが、長さとルビなどの読みにくさに閉口して、三分の一ほどで放り投げていた。

やはりcalibreなどちゃんとしたリーダーで読むしかないかと 青空文庫から縦書きEPUBファイルを作ってみる で勉強をはじめたが、ふとそこに書いてある XHTMLをファイル化する手がありそうと気づいたので試してみた。

予想通り、XHTMLファイルの body 部分をコピーして、vertical.html の本文の部分に貼り付けて保存し、IE/Google Chromeで読んでみるとうまくルビの付いた本文が現れた。(OSはWindows XP
今ついでに猫の半分まで読み進んだところだ。

[2013.01.26追記]
IEGoogle Chrome では使用する vertical.css が多少異なるので要注意。Chrome のほうが行間幅が安定している。