遠眼鏡屋2

桜宮高校事件

「命の重みわかっているの?」……尾木ママ、桜宮高生徒による記者会見に憤慨

大津市中学校におけるいじめ暴行自殺事件以来、尾木さんの発言には相当程度信頼を置いている。今回の桜宮高校の事件でも、「やらせるなら生徒会でしょう。なぜ部活の部長? 出てくるべきは学校、顧問、教師でしょう!!」など一般人の常識にかなった意見を開陳しておられると感じる。

体育系学科の募集中止は受験希望者および在校先輩にとってはショックなことであろうが、この場合、とりあえず普通学科で同数枠を拡大するとともに、本来の普通コース希望者とは分離して試験判定を行ない、さらに、学校の構成・意識が一新された段階でできるだけ早く体育系学科への振り替えを行うというのが常識的な緊急措置だと思う。市当局・教育委員会の善処を期待する。(※註)

ともかく最終的な解決には次の視点が欠かせまい。学校全体に体罰に名をかりた暴力行為是認の考えがはびこっているとしたら、それをどう改善するか、これだ。

(※註)教育長さんらしい人が「単なる看板の付け替えは意味がない」というような趣旨で中止に反対をしていたが、組織一新の効果は予想以上に大きいことに気づいて欲しいものだ。

広告を非表示にする