遠眼鏡屋2

TPPは洞ヶ峠を決め込んだらいかが

アメリカとオーストラリアの間の話し合いが縺(モツ)れてしまい、TPP交渉が進んでいないという噂をきいたのだが、細部のもつれなのか、それとも大きな枠組み段階で意見がまとまらないのか。

わが国としては、「そーれ見ろ、日本抜きでは話はすすまないだろ」とばかり鷹揚(オウヨウ)に構えてもよい時期なのではないのか。

もちろん今次選挙の争点から外したほうが環太平洋での国益にかなうということだ。