遠眼鏡屋2

WEB巡回の小道具(3)

初心者が自分のPC(Windows)にウェブサーバー環境をつくりあげるのには、XAMPP for Windows をインストールするのがお奨めである。デフォルトで phpperlスクリプトプログラムが動くようになっている。
XAMPPのインストール元はここ。このページの解説に従えば簡単にインストールできる。デフォルトのインストール先は、C:\xampp である。

インストールしただけでは XAMPP は起動しない。通常デスクトップ画面の XAMPP Control Panel アイコンをダブルクリック、開いたパネルの apache の startボタンをクリックで起動する。

自作のプログラムは、C:\xampp\htdocs の中に置く。

[簡単な php プログラムの実験]
1.下記3行のスクリプトをメモ帳などエディターにコピペし、test.php と命名して C:\xampp\htdocs の中に置く
*****(スクリプト始め)***** 
<?php
phpinfo();
?>
*****(スクリプト終わり)*****

2.apache 起動
3.IEなどブラウザのアドレス欄に半角小文字で、http://localhost/test.phpを入力、エンターする
4.カラー付きの表が現れたら、apachephp とも正常に起動している
[簡単な php プログラムの実験おわり]

ここまではうまく進んだが、FEED閲覧用の小道具プログラムを動かすには不十分である。そこで、
C:\xampp\php\pear\XML を充実させるため に次の操作を行う。( 2012.10.19訂正)
(1)デスクトップ画面の スタート→アクセサリ→コマンドプロンプト

(2)C:\Users\xxxx>cd C:\xampp\php\pear エンター
(2)C:\Users\xxxx>cd C:\xampp\php エンター

(3)C:\xampp\php\pear>pear install XML_RSS エンター
(3)C:\xampp\php>pear install XML_RSS エンター
   (要するに、XMLディレクトリ内に、フォルダーParser と Parser.php RSS.php を追加インストール)

これでウェブサーバー環境は出来上がった。