遠眼鏡屋2

第四歩はブログなど色々

いわゆるネット上のアプリケーションサービスには枚挙にいとまが無い。専門家の面々はこれを SaaS (Software as a Service)と呼ぶのであろうが、要するに従来であればパッケージソフトを購入し自分のPCにインストールして利用したものを課金を払ってネット上で利用する(無料も多い)。

ブログには、出来合いのブログサービスにアカウントをもらって利用するホスティング型のものと、ここのブログのように個人用のブログソフトをレンタルサーバに載せさせてもらって利用するものと二つある。

最初は簡単なホスティング型ブログでよいから、とにかく日記のように書き付けてみる。3,4年まえまでは、ブログはコミュニケーションを重視する WEB2.0 の代表選手のように理解されていたこともあるが、いまやその位置は twitter や 各種の SNS に譲ってしまったようだ。

でも、ブログには、ものを考える、反省する場所として揺るぎない地位を維持していると思う。分類された過去のログを読み返したり、全文検索を使ったりして、自らの思弁の歴史を確認できること、これは紙の日記では出来ないことだ。