遠眼鏡屋2

第二歩はオンラインストレージ、ただし

オンラインストレージとは雲上倉庫と一応理解しておこう。

DropBox には10年ほどお世話になっている。これは単純な雲上の倉庫というよりは、自分のパソコンにも同じディレクトリが用意され、両ディレクトリが同期するところがユニークである。同期するPCを三つも四つも増やせる。同様の機能をもつものはほかにもいろいろある。

さて、雲上倉庫に何を格納するかだ。仕事関係のファイル群、私的な財産目録、思い出の写真集と、いろいろあるであろう。こういうコンフィデンシャルな資料をクラウド上に乗せる場合は暗号化が必須ではないかと考える。

AttacheCase という暗号・復号ソフトがある。直感的に操作ができて重宝している。対応OSは Windows だが、Ubuntu の WINE でも動く。ほかの Linux でも使えると思う。