遠眼鏡屋2

世界的な旱魃

大豆、トウモロコシが24年ぶりの大凶作!商品市場の価格高騰が及ぼす影響とは?穀物価格高騰で上がる株とは?

太平洋にエルニーニョ現象が発生すると北アメリカ中西部穀倉地帯に大旱魃が起きるとは、20年前から経験したきたところである。

先日のエルニーニョ監視速報No.238(2012年6月)によれば、まだエルニーニョは発生していない。それなのに、もう大干ばつがはじまった。順序が逆だが、これは早晩エルニーニョが来るというサインであろう。

さしあたり残暑の期間が多少短くなるのは歓迎だが、作柄が不安視される。そして、今度の冬は暖冬となる可能性が高い。そうなると経済、景気に悪影響が出る。

わすれないように記録しておこう。

広告を非表示にする