遠眼鏡屋2

EasyBCD

windows 7Ubuntu がマルチブートできるような形で入っている HDD に後から Windows XP をいれた場合に簡単に全OS がブータブルになるようなユーティリティソフトが実はある。ネオスマートテクノロジーズ社の EasyBCD である。 grub のように MBR を占拠するのでなく、あくまで Windows系のブートローダー NTLDR や BOOTMGR を補助する形の exeファイルだ。

Installing XP After Vista or 7 を頼りに、XP にインストールしようとしたのだが、Microsoft .NET 2.0 Framework SP1 、 Servic Pack 2 などの事前インストールが必要とのメッセージが出たので面倒な XP でなく、Windows 7 に EasyBCD のみインストールし、早速起動。

解りやすい操作画面なもので直感で XP も Ubuntu も登録、ブータブルにできた。なお、Ubuntu は若いパーティションに入っていた Ubuntu10.04 が自動的に設定され、Linux Mint は ubuntu10.04 のブートメニューから選ぶかたちになっている。XP にインストールした場合も同じような結果になるのであろう。

専門技術者でない管理人にとって、永らく分からなかったブートローダーのあれこれが体験できたのはよかった。

広告を非表示にする