遠眼鏡屋2

Windows10 で更新プログラムが構成できないとき

IT

Windows7から無償アップグレードした Windows10 において、いつまでたってもHDDが回りっぱなしとなった。 左下ウィンドウズアイコン → 設定 → 更新とセキュリティ → 詳細オプション → 更新履歴表示 を見ると、更新プログラム(KB3147458)の自動インストール…

broadcom bcm43227 + openSUSE 13.1 で無線LAN(メモ)

IT

[手順] 1.$ zypper ar -f http://ftp.gwdg.de/pub/linux/misc/packman/suse/openSUSE_13.1/ packman 2.$ uname -a (この結果は、desktop, default, pae のどれか。管理人の場合desktop) 3.$ zypper in broadcom-wl broadcom-wl-kmp-desktop 4.$ su…

「原発メルトダウン危機の88時間」をみて(*1)

3月13日にNHKの地上波で「原発メルトダウン危機の88時間」(前後編あわせて90分)を放送していたのをあとで知って、DailyMotionで観た。2011年から5回にわたって放送されたメルトダウンシリーズの総集編といえる内容であった。過去5回の放送はそれぞれテーマ…

Windows10への無料アップグレード

IT

ノートパソコンの Windows7 を 10 にアップグレードした。1月にデスクトップをアップグレードしたときは、スタート → Update で予約してほぼ自動的に作業したが、今回はアップグレード用の iso ファイルを取得し、DVDに焼いて用いた。所要時間は同じぐらい…

記事データベース作成の手順(メモ)

IT

後日のために残す。誤字脱字があるかもしれない。ブックマークからデータベースを作る (Ubuntu の場合) ブックマークからデータベースを作る (Windows の場合)

個人のデータベース

IT

住所録、蔵書目録、CD/DVD目録など、ある程度大量なデータからなる一覧表を作っている人は多い。こういう場合、データはエクセルなどの表計算ソフトにまとめられているであろう。データの件数が数百件ならば表計算はベストだと思う。だが、数千件以上のデー…

重力波を自前のデータベースで検索してみた

100年まえにアインシュタインが予言した重力波の実在することが確認され、ノーベル賞級の発見だと報じられている。素人にはさっぱり分からない分野であるが、様子を知りたくて、自前の記事評論関係のデータベースで、用語「重力」で検索してみたら存外た…

LibreOffice で年賀状宛名面印刷 (Windows) (メモ)

IT

libreofficeで年賀状の宛名面を印刷する。[概要] 事前にcalcで住所録を作っておき、次に、writerで年賀はがき宛名面の型紙(デザイン)を作成し、calcデータを一件ずつ流しこんでこれを印刷する。 型紙作成には、枠挿入のテクニックを多用する。[具体的手順]…

grub の入れ直し(メモ)

IT

Windows7のほかに Ubuntuなどが入っている hdd に後から Windows 7などを再インストールすると、MBR はWindowsのものに占拠されて、Ubuntuは起動できなくなる。その対策メモ。Ubuntu の ブート用DVDから起動して、端末を起動、 (Ubuntuがsda3パーティション…

バスカヴィル家の犬

Feedbooks のトップページ上欄の Public Domain に登録されている 「The Hound of the Baskervilles」を読んだ。原文は epub形式なので、すでに紹介した方法で mobiファイルに変換して読んだ。例の kindle for PC だから、内臓の英和辞書を供に読んだにもか…

サイマルラジオについて

IT

ラジオ放送をインターネット経由で聴くことがふえた。 民放メジャー局の radiko 、NHK の らじる★らじる はだいぶ前から聴いていたが、気がつけば全国のコミュニティラジオ(出力20W以下)がインターネットで聴取できるようになっていた。先頃水害に遭った常…

今年の夏

今年の夏も異常であった。8月前半にかけて全国で猛暑日やゲリラ豪雨が発生したかと思うと8月後半の関東は突然の気温低下に見まわれた。 偏西風が蛇行(日本海を北上)しているため、太平洋上の台風および大型低気圧からの湿った暖気が日本列島に届きやすか…

rss フィードと更新 ping

はてなダイアリーのようなレンタルブログを借りていると、rssフィードとか更新pingなどのことに疎くなる。一つのホームページ(あるいはサイト)がネット空間に存在していることを世間にアピールするためには、サイト内に rssフィードという簡単なファイルを…

ホームページの行間

IT

この頃は少なくなったが、文章中心のページのなかに、行間幅が狭いため読みにくいケースがある。そんな時は、ページのソース(IEなら「表示」→「ソース」、firefoxなら「ツール」→「web開発」→「ページのソース」)を前面に出して、全部をエディタにコピペ…

「夜明け前」を読んだ

10日間ほどで文庫本4冊分もの長編小説を読めたのは、字の拡大が思うまま、人名などの検索も簡単という書籍リーダーのお陰であろうが、面白かったのも事実である。ウィキペディアの解説によると、「夜明け前」は歴史小説の白眉であるという。たしかに幕末…

青空文庫から Kindle版を作る

IT

前二回の記事からの結論。Kindlefire HD の書籍リーダー Amazon Kindle は kindle版書籍に最適化したリーダーなのであろう。となるとコンテンツの方を Kindle形式に変換するほかない。 青空文庫に登録されている沢山の小説類の相当な部分は Kindle版化されて…

pdf版の電子書籍を読む

IT

Kindle for PC では、一般の pdfファイルを難なく読めることは知っていたが、では Kindle HD のデフォルトの書籍リーダー Amazon Kindle ではどうなのかを実験。 Windows の pdfファイルを Kindle の documents に転送して、Amazon Kindle で表示してみると…

Kindle版の電子書籍を読む

IT

思い立って Kindle for PC を Windows 7 と Ubuntu にインストールした。後者は勿論 wine 経由での利用となる。 試しに、Amazon から Kindle版の「文芸春秋スペシャル2015年夏号大世界史」を購入して、まず Windows 7 にダウンロードした。すぐ読める態勢に…

マルウェア退治

IT

数か月まえから管理人のデスクトップPCのWindows 7 にアドウェアというのだろうか一種のマルウェアが入り込んで、いろいろ悪さをしていた。年金機構のPCに入り込んだ悪質なコンピュータウィルスに比べれば、当方のはそれほど悪くはないものの、ブラウザ…

ICTリテラシー

IT

ちょっと驚くニュースがあった。日本の若者の情報通信技術はOECDの中で最低(注1) その中でも、 「また昨年OECDが行った調査OECD Digital Economy Papers No.242によると、日本の職場でのICT技術の利用状況はこれまた先進国の中で最低なのだ。」(注2) …

例の松村さんの対談記事

必ずしも「なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか」の後半だけを抽出したものではないようだが、機関投資家で長年債券投資にかかわった専門家との対談だけに読ませる。 債券市場のプロは、異次元金融緩和の弊害を理解している【特別対談・前篇】林…

総需要曲線と総供給曲線で考える ーー 賢者の石を求める

前回の記述の問題点は次の二点であろう。 1.デジテル革命が雇用の喪失を通じて全体需要の減少を招く、というのは本当か。 2.どの企業もそういう合理的な方式を採用した暁には、経済全体としてはいたるところ過剰供給の山となる、のであろうか。教科書で…

生産局面に偏(カタヨ)った技術の適用が経済に悪影響を及ぼしている ーー 賢者の石を求める

財政金融政策の内需拡大効果が一向にはかばかしくないように見える点についても触れなくてはなるまいが、これに関しては、たくさんの論説があるので、管理人のでる幕はない。もっと違った側面から現状を眺めてみる。「なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に…

高所得層から低所得層への所得移転 ーー 賢者の石を求める

内需拡大というと、誰でも思いつき、でも実行には政治的な理由で困難がつきまとうのが所得移転だ。例えば個人の所得税は累進課税である。最高税率は現行50%近かったと思うが、昔松下幸之助さんが苦情を述べた当時は70%であったから、随分税率グラフは…

ストロー現象とDID ーー 賢者の石を求める

前回紹介の記事では、識者のお二人が地方再開発の選択肢が相当少ないことを語っていて、苦い思いで読んだ人もいるのではないか。管理人は東京などの大都会との連絡が便利になりすぎた結果としてのストロー現象が経済活動や人口の減少にとどまる段階から有力…

賢者の石を求める(3)

前回は長期的視点にたって外需拡大の可能性の一例を示してみた。 では、内需に拡大の余地はないのであろうか。これからも市場のメカニズムの力で新製品の開発・普及やこれまでとは違うビジネスモデルによる新たな需要創造は続くであろう。問題はその量的な規…

賢者の石を求める(2)

著者松村氏の用意した注目点、1)人口減少、2)デジタル革命のもたらすデメリット、3)経済的需要の飽和、に沿って考えるとして、今回は、3)の問題について書いてみる。というのも、おりから中国のご発声によるAIIBが世界の注目を浴びているからだ(そ…

賢者の石を求める(1)

3月8日のエントリで松村嘉浩著「なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?ーー数千年に一度の経済と歴史の話」の簡略版を紹介する際、言い切リすぎの感ありとの印象を書いた。いま読むと悪口を書いたようで気持ちが悪いので、もう少し敷衍(フエン…

// ' + str + '」 と書きました。'; } // ]]> TEST テキストを入力: ここに何かが現れる

はてなダイアでは

IT

javascript が動かないとのことであるが、念のため実験。 function doAction(){ var str = document.getElementById('text1').value; document.getElementById('message').innerHTML = 'あなたは、 「' + str + '」 と書きました。'; } TEST テキストを入力…