遠眼鏡屋2

政治経済

前回の補足

前記事で、安定結婚問題と求人求職問題が一見似ているという趣旨のことを書いた。それの補足。どちらもマッチング理論の適用が可能な意味で似ている。だがリシャッフルが必要となる頻度が違うという意味で「一見」似ていると表現した。特に求人求職について…

マッチング理論、ホワット?

ノーベル記念スェーデン銀行賞(経済学賞)がマッチング理論で貢献のあった二人のアメリカの学者に与えられたが、マッチング理論が分からない。と思っていたら、2012年ノーベル経済学賞:マッチング理論 がわかりやすく説明をされておられる。勉強になった。…

ソフトバンクの成功を祈る

スプリント買収でソフトバンク合意 携帯電話世界第3位に孫社長の新たな事業展開には何度も驚かされてきた。パソコン関係の出版事業からインターネットのプロバイダ事業に手を伸ばし、やがてボーダフォン買収によって携帯電話に乗り出したのはつい数年まえの…

米国でも右傾化が進行しているように見える

先日紹介した米ワシントンポストの日本の右傾化を指摘した記事については、ほぼ的を射ていると認めるところであるが、他面同紙は自国の政治的空気が漸次(ゼンジ)右方向に傾いているのに気づいているだろうか。民主党のオバマ大統領と共和党のロムニー候補…

レアアース問題のその後は全く様変わりとなっていた

二年まえの中国漁船尖閣侵入事件の際、中国政府がレアアースの対日輸出を規制したことを記憶する人は多いであろう。今回も同様な手段を講じてくるのかと思っていたら、事態は一変していて、中国側にそんな余裕はないという記事を見た。 レアアース規制の誤算…

大切な温故知新

尖閣や竹島の問題について隣国が日本の近現代史にかかわらせて議論を展開しているのはご存知のとおりだ。ところが言われている我々国民がどういうわけか当時の事件や経緯を知らない。評価の定まらない戦前の歴史を前に学校の教師たちも教えかたに自信が無く…

海外マスコミはどう見ているか

With China's rise, Japan shifts to the rightアジアは本当に「これ」で戦争を始めるのか?前者については、わが国の上層部での微妙な「右傾化」を過不足なく指摘しているが、一般有権者にも同じ傾向があるかとなるとどうだろうか。一時的に熱くなってもや…

領有権、所有権、施政権

尖閣諸島の「国有化」とは、国際関係上の領有権のダメ押しではなく、国が国内法上の所有権を持つこと。もっとソフトに「登記簿上の持ち主名義が個人から国に変わった」とでも表現するとよかったかな。施政権は、「本質はどうあれ実効支配していること」によ…

4号機問題

脱原発を訴える「反骨の外交官」が緊急寄稿! 村田光平「新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり」3.11当時、4号機は点検中とかで原子炉内には燃料棒がはいっていなかった。使用済み燃料棒はどこか他所の建屋に保管・冷却してあるものと思ったら、同じ…

クリントイーストウッドの「empty chair speech」

8月末の米共和党大会でロムニーが正式の大統領候補になった。その受諾演説の一つ前のスピーチは映画俳優かつ監督のクリント・イーストウッドであったのだが、これの出来が今一つであったことが全米中の話題になり日本にも届いた。酒に酔っていたのではない…

市場の調整能力

こんなことを書くと、それ市場原理主義の登場だ、と警戒/非難の目で眺める人が増えたように感じている。しかし、ある件で市場の調整力のすごさを見た思いなので記しておく。ほかでもない電力需給のことである。関西電力管内の需給実績が事前見通しと大幅に…

わが国のエネルギー源と電力源

図録・主要国のエネルギー源わが国の天然ガスへの移行は遅れ気味という所感であるが、こと電力源見ると、予想外に天然ガスのウェイトが高まっている。想像するに、石油との価格比較でそうなったというよりは、技術的に操作が簡単であり、公害の心配も相対的…

エネルギー源交代の時代か

焦点:急成長するLNG、従来型燃料の独占脅かす見通し燃料源が従来型の原油から液化天然ガスに移行しはじめた。原油といえば長らく中東・北海が二大拠点であったが、これらが脅威を抱くほどという。40年の昔は、天然ガスはローカルなエネルギー源であっ…

シェールガス革命

普通、天然ガスは砂岩などから抽出するのに対し、シェールガスは文字どおり頁岩(けつがん、シェール)から採取するものらしい。硬い岩から抜き取るために水圧破砕法を用いるという。アメリカの中小開発企業が先導し、次々と新規ガス田を発見しているとも。…

補助線は道州制

衆議院の定数削減については、小選挙区ゼロ増5減、比例議員40減の民主党案が今日にも本会議で単独採決される予定だとか。今朝のニュースショー番組で、上記民主党案に並べて、自民党案(小選挙区ゼロ増5減)と大阪維新の会案(定数480を240に削減…

上陸議員は蕎麦屋の風鈴

「親馬鹿ちゃんりん、蕎麦屋の風鈴(フウリン)」という風刺がある。 その意味は、「親馬鹿チャンリン」の語源を知りたい をみていただくとして、 れっきとした議員たちがそのチャンリン愚行をやらかした。泳ぎ着く島がちがうだろうとの揶揄がなされた。議員…

竹島と尖閣の裏事情

韓国と中国のかかえる退っ引き(ノッピキ)ならぬ事情が このところ話題の竹島と尖閣諸島のこと に解説してある。勉強になった。

公開質問状を読む

東電に、会見出入り禁止措置に関して公開質問状を提出しました ジャーナリストへの記者会見オープンは民主主義の基礎と思っている。 まして東電は現時点でも国民主権者の税金1兆円が投入されて、かろうじて生き伸びている会社であって、一人前の私企業とは…

長期に眺める

原油価格(WTI)の推移West Texas Intermediate とは原油価格の指標に使われる米国産の油種である。硫黄分の少ない良質な油種であるため、相対的に高い価格となっている。日本の輸入するのは大部分が中東産の重質原油で、代表的なドバイ原油の価格はWTI の7〜…

一年まえに考えていたこと

このところLivedoor から頻繁にレポートメールがくるので調べたら、昨年7月に何をおもったか、英語で日記を書くのに Livedoor のブログに世話になっていた。すぐに書く材料もなくなり、英語力も枯渇したため、そのままうっちゃってあったものだ。もう書き足…

オリンピック

開会式より早く始まったサッカーでは、女子も男子もなかなか好調で、気分よく今朝は早起きして開会式をみた。さすが成熟国の英国。落ち着いた式次第であった。ソウルオリンピックの頃から開会式をじっくり観るようになった。もう20年もたったとは。わが国…

これは偶然

きのう チラ紙 の信頼性に触れたが、偶然にも下のような記事が目にとまった。 こちらは統計、否数字に弱いチラ紙記事の醜態のようだ。【赤木智弘の眼光紙背】ノンブレーキ報道が止まらない!

裏付けのある記事

何が「この国の明日へのともしび」「世界の常識」だ?〜詭弁弄するマスメディアに正義の鉄槌を!! 裏付けのある記事は説得力がある。 管理人も、チラ紙(※注)の定期購読をどうしようかと思う機会がふえてきた。(※注)誇り高いマスコミ人には申し訳ないが…

世界的な旱魃

大豆、トウモロコシが24年ぶりの大凶作!商品市場の価格高騰が及ぼす影響とは?穀物価格高騰で上がる株とは?太平洋にエルニーニョ現象が発生すると北アメリカ中西部穀倉地帯に大旱魃が起きるとは、20年前から経験したきたところである。先日のエルニーニョ…

国会事故調って何だろう

東電・全面撤退の真偽 読ませる記事だ。だいぶ怒っておられる。以下の件(くだり)は勉強になった。「■全面撤退の意思、改めて否定 清水氏は昨年3月14〜15日未明にかけて、当時の海江田万里経済産業相や枝野幸男官房長官らに電話で撤退を伝えたとされる。清…

呆れたフィッチ

ギリシャのユーロ離脱、ユーロ圏全体の格付けに影響=フィッチ 「ギリシャが現在の政治危機によって、もしくは今後、経済の安定化を達成できず、(ユーロ圏を)離脱することになれば、・・・・・」もしギリシャが破れかぶれになってユーロ圏離脱する場合はそ…

ザッとおさらいになるのだが、、、、

衆院解散で消費増税も原発再稼働もすべて消える 不安定さを増す欧州だが、ロシアは成長へまっしぐらこの一週間の出来事をながめる記事。読ませる。だが、こと欧州の不安に関する限り、「エコノミスト」も「フィナンシャルタイムズ」も通貨ユーロ圏の改編など…

ギリシャのユーロ圏離脱の可能性

6日の日曜日には、ギリシャの総選挙とフランス大統領選挙決戦投票という大きな出来事があった。どちらも過去二年間ほどドイツのメルケルとフランスサルコジの緊密な連携で進められた「メルコジ」路線(財政緊縮政策)に対してノーを突きつける結果となって…

期待しつつ待つ

期待に待つの字が入っているのに、「期待して待つ」は妙な表現だが、それでもそう表現したい心境である。何のことかって。福島第一原発でやっと動きだした循環式冷却装置の首尾である。二日に一辺ぐらい、「きょうも途中漏水のため5時間ほど運転中止した」…

工学は民間にふさわしい

科学、技術、工学。 サイエンス(Science)、テクノロジー(Technology)、エンジニアリング(Engineering)。 帰納法、演繹法、原価計算。どういうわけか、日本では最後の工学、エンジニアリング、原価計算が過大に評価されてきた。原因の一つは、翻訳の際…

海への目配り

放射線量との闘いは長期の闘いとなろう。 以下の記事は多少当局に批判的なものではあるが、世に先行する人たちからの報告なので、まだ読んでいない人に紹介しておこう。野菜と海藻(ワカメ・コンブ・のり) 放射能汚染調査の全記録

今夏の電力需給は大丈夫らしい

先月あたりから夏場の電力供給不足の話が新聞などに出ていて、その極め付きが関西電力の一律15%節電の要請とこれに疑問を呈した橋下知事の発言であった。一番きびしいはずの東京電力管内が夏場いまより多少節電につとめれば何となく乗り越えそうと思って…